暇な時にずっと読み続けている漫画

私は昔からマンガが好きです。

小学生の時から、漫画雑誌やギャグマンガの単行本などを、定期的に買って貰っていました。

今は、自分で買わなくてはならなくなったので、もっぱら古本屋か無料ウェブマンガを読み漁るようになりました。

暇さえあればスマートフォンをいじっているため、自然と無料マンガを見つけて、面白いものを探していたのです。

昔は人気で王道の作品が好きだったのです。

それが、自身があまり恋愛に興味がなかったことからも恋愛要素だけ!といった作品よりは、ストーリーがしっかりしていて、非現実要素の入ったものが好きでした。

例えば、主人公が変身して力を使うものや、異世界にトリップして、そこの住人と恋に落ちるといったものです。

ふしぎ遊戯やクリーミィマミ、Dr.リンに聞いてみて、ブリリアントな魔法などが好きでした。

しかし今は、どこか自分に似た主人公を追ってしまいます。

あまり恋愛や人付き合いに積極的ではなく、どこか冷めたようなまた自信なさげな感じの主人公が誰かに好かれていくのを自分と重ねているのです。

また、恋に落ちないパターンもあり、それもリアルだなと思い、はまってしまいます。

昔は、16になったら、こんな恋愛が出来るのか…と、自分の容姿や性格を顧みず夢見たものですが、大人になるにつれ、自分はこれ以上変わらないとわかりました。

夢を見なくなったのだと。友達に聞いたら、彼女も高校生の恋愛マンガは感情移入出来ないから読まなくなりました。

でも、自分と同じ歳くらいのOLが主人公の、オフィスラブかBLを読んでいます。

BLはなんというか、逆に自分にはない世界に夢を見るようになった結果か、と妙に移行対象として納得してしまいました。

私も一時期、一部のライトBLを読んでいた時期がありましたが、今は何故か違和感を感じてしまい、読まなくなりました。

同性愛に偏見はなく、好き同士ならなんでもいいと思っているはずなのです。

しかし、私の中の男は女と付き合うべき、といった社会規範という凝り固まった何かがセーブをかけているのでしょうか。

なんというか、マンガの好みってその人を心理状態を表す気がします。

爪水虫が赤ちゃんにうつるように、中々興味深いなと思いました。

 

 

初めて買ったデミグラスソースで煮込みハンバーグを作ってみた!

最近食材を買いに行った時に、デミグラスソースが無くなったので買おうと思っていたら、缶ではなくボトルに入って売っている物を見つけました。

今って色々なソースが出すぎていて、どれがいいのか本当迷います。

ところが、たまたま見つけた物は、水で割るだけで簡単に出来ると言う事だったので、これは良いかもと思い試しに買ってみる事にしました。

そして早速ですが、こちらを使い野菜とハンバーグの煮込み料理を作ってみました。

材料の方ですが、野菜はキャベツともやしと人参とじゃがいもを入れる事にしました。

そして、ハンバーグの味付けは、煮込みハンバーグなのでシンプルに黒コショウを入れるだけにしました。

それから早速フライパンに油をひき、ハンバーグの方を軽く焼いていったら、水で割ったデミグラスソースを入れ、くつくつと煮込んでいきます。

その間、別のフライパンを使い野菜を塩コショウで炒めていきます。

そしてしんなりしたところで、そのまま煮込んでいるデミグラスソースの中に入れちゃいます。

後は、そこから更に煮込み、味を染み込ませてたらこれで出来上がりです。

今回使ったソースですが、書いている通り味を足さなくても十分美味しかったです。

どちらかと言うと、ソース自体緩めな感じなので、煮込みハンバーグとして使うよりも、炒め物やオムライスのソース等に使った方は良いような気もしました。

また、それ以外でも色々と使えそうなソースでもあるのかなと思います。

なので、これはこれで簡単に出来る事もあり、今後も使っていきたいなと思っています。

ちなみに、今一番気に入っているのが、マスターホワイトのくすみ対策ですが、これは顔のシミも消してくれるので重宝しています。

 

 

海のゆりかごに抱かれ疲れを癒やしています。

最近はよくスマホアプリに環境音を収録したもの、いわゆる気持ちがよくなる音が聞けるアプリ、というものがいろいろリリースされていますね。

これらのアプリは無料になるほか、価格が下がることが頻繁にあります。

なので、スマホの価格が下がるアプリを特集しているサイトを毎日チェックしています。

そして、無料になったときに即ダウンロードし、作業用のBGMにしています。

ちなみに、気がついたら環境音楽系のアプリだけで18個ももっていました。

これらのアップは、すべて無料ダウンロードしたものです。

この環境音には、雨の音やカフェの音、焚き火の音などいろいろあります。

しかし、個人的にいちばん気に入っているのは、イルカの泣き声です。

アプリでこの音をかけるととにかく気持ちがやすらぐのです。

たとえれば、赤ん坊がだっこされ、ゆらゆら揺らされているような心地よさ、とでもいえばいいのでしょうか。

波につつまれて揺られているような、気持ちのいい気分になるのです。

イルカの泣き声というのは、声が海にひびく遠吠えのようで、しかし決してうるさくなく、とても気持ちがいいのです。

こういった自然系の音源をあつめているアプリは、他にも森を駆け抜ける風の音や、空気をつんざく稲妻の音、といったものもいろいろ収録されていることが多いですね。

最近ストレスがたまりがちで…という人には、家に帰ったあと環境音のアプリをかけ、ゆっくり休む時間を設けるのがおすすめです。

すると、エレクトーレ効果もきっと高まるはずです。

さすがに会社の仕事中には、かけることができないでしょうからね。

 

 

ビリーブートキャンプで久しぶりのエクササイズ

だいぶ前に注目されたのが、ビリーブートキャンプのエクササイズですが、いまだに愛用しています。

とはいうものの、基本トレーニングと腹筋トレーニングの二つだけ、特に行っています。

観すぎて、日本語字幕も覚えてしまうくらいです。

そして、隣でエクササイズしている娘さんや、後ろの受講生の動きもまねできるくらい続けています。

ここまでくると手抜きがでてきて、筋肉にしっかり伝わっているのかが疑問になります。

とはいうものの、しばらく放置しておいて久しぶりにやってみると、汗はだらだら、次の日は筋肉痛、やはり効果絶大のようです。

去年の真夏に痩せようと、一気にエクササイズを行って、一気にシャワーで汗を洗い流して、全身にシーブリーズを振りかけました。

しかし、体温上がりすぎて、熱中症になりかけたのはいい思い出です。

あのDVDは、回を重ねるごとに受講生たちもマッチョになっていくのが、これまた効果を表していますね。

本当に、1週間プログラムを2週くらいしたら、だんだん引き締まってくるんですよ。

独自のトレーニング方法っていうんだから、ますますすごいですね。

最近ビリーブートキャンプに久しくお会いしていない(笑)ため、おなかもぷよぷよしてきました。

そろそろトレーニング…と思っても、久しぶりにやるのは、筋肉痛に襲われる恐怖から重い腰があがりません。

マッチョになるだけでなく、美しさも重視したトレーニング解説をしてくれるあたり、ジェントルマンです。

美ボディを目指して、久しぶりにトレーニングしてみようと思います。